陣痛

陣痛とその兆候

陣痛

初めての妊娠、出産。

 

ドラマなんかでは「ううう産まれる〜!」とお腹を押さえて病院へなんて演出がありますが実際は、出産まで時間があることが多いです。

 

初めての陣痛が起きた時、パニックにならないように陣痛について知っておきましょう!

 

陣痛とは?

 

赤ちゃんを子宮の外に押し出すために、子宮が収縮する時の痛みを陣痛と言います。

 

最初は不規則な痛みやお腹の張りを感じる程度ですが、徐々に規則的な痛みに変化します。

 

前駆陣痛

 

前駆陣痛とは陣痛の練習のようなもの。臨月になるころに、お腹の長い張り、強い張りを感じたら前駆陣痛。

 

前駆陣痛は、規則的にはならず、いつのまにか消えてしまうのが特徴です。前駆陣痛によって、子宮の出口が柔らかくなったり、少し開いたりしてお産に向けて必要な変化が始まるのです。

 

有効陣痛

 

有効陣痛は、分娩につながる陣痛のこと。いよいよ本番です!前駆陣痛とは違い規則的に痛みがあります。

 

もしかしてと思ったら時計を見ながら間隔を測ってみましょう。10分間隔から徐々に5分、2分と痛みの間隔が狭まってきます。

 

痛みの場所自も徐々に降りてきて腰のあたりに痛みを感じたらいよいよ出産のときが迫っています。

 

陣痛かなと思ったら

自宅にいて、初めての陣痛が起ったら焦ってしまうかもしれません。陣痛かもしれないと思ったら、落ち着いて陣痛の時間とタイミングをメモしましょう。

 

初めての出産の場合は10分間隔になったら病院へ連絡しましょう。陣痛かどうかもわからないという場合は、病院へ連絡してみましょう。

 

適切な指示を受けることで、気持ちが落ち着くでしょう。最近は、陣痛を記録するアプリもあります。私はアプリを利用して出産直前まで陣痛の間隔を記録しました。

 

本当に痛くなってくると時計をみるのも負担になるのでボタンを押すだけで良いアプリはとても便利でした。

 

呼吸法

陣痛が起きた時の呼吸法(ラマーズ法)を紹介します

 

陣痛の間隔10〜15分

「ヒー」「フー」とワルツのリズムで!鼻から吸って口ではきます。できるだけゆっくり深く深呼吸。

 

陣痛の間隔1〜2分

「ヒッヒフー」まだ、力をいれてはいけないので、なるべくリラックスして。

 

マッサージ

陣痛の痛みって経験するまで想像できないですよね。排便したいけれど、出ない、とにかくお尻が痛い!という感じの痛みです。

 

この痛みが定期的に襲ってくるので、段々まいってきます。1〜2分おきともなると、汗だくです。痛くて暴言をはいてしまう妊婦さんもいるようですよ。

 

そんな時、背中や腰をさすってマッサージしてもらうと何だか安心します。家族や旦那さんに背中や腰をさすってもらいましょう。テニスボールなどで腰を押してもらうのも効果があるそうです。

 

よく読まれている記事

 

TOP⇒葉酸サプリ