葉酸サプリ 貧血

葉酸サプリは貧血にも効果があるの?

葉酸サプリは妊娠中の貧血に良い

妊娠中に特に必要とされる“葉酸”ですが、実は貧血にも効果があるようです。

 

貧血といえば鉄分不足だと思っていませんか?葉酸の不足でも貧血の症状が出ることがあるようです。特に葉酸が必要な妊娠中の女性は、貧血になりやすいといいます。

 

それは鉄分の不足も原因ですが、赤ちゃんが葉酸を必要としていて、いつも以上に消費している為葉酸不足による貧血が起きている場合もあるのです。

 

葉酸サプリと貧血

葉酸はビタミンB2と一緒に新しい血液をつくる際に欠かせない栄養素です。
その為、葉酸は『造血ビタミン』とも呼ばれています。貧血というと、“鉄分”が不足しているのでは?と思いますよね。

 

貧血には種類があり、鉄分不足による貧血もあれば“葉酸”が不足して起こる貧血もあります。ビタミンB2と葉酸が不足しておきる貧血を『ビタミン欠乏性貧血』や『葉酸欠乏性貧血』といいます。

 

貧血の症状

 

  • 立ちくらみ
  • 脱力感
  • 疲労感
  • めまい
  • 頭痛
  • 肌が青白くなる
  • 下痢
  • 体重が減少
  • 食欲不振
  • 集中できない

 

葉酸は貧血予防にも効果あり

ビタミンB2と葉酸は、新しい血液をつくるために必要な栄養素です。

 

葉酸を必要量摂取しておくことで、赤血球が正常に作られるように助ける効果が期待できます。

 

不足しがちな葉酸は、意識して必要量摂取しておくことで貧血、葉酸不足による口内炎などの粘膜の病気、心臓疾患、ガン、アルツハイマー病などの予防にも効果があるといわれています。

怖い!妊娠中の葉酸不足による貧血

 

妊娠中は貧血になりやすい!

 

妊娠中は、赤ちゃんに栄養、酸素をあげるために、母体の鉄不足、葉酸不足による貧血になりやすくなってしまいます。また、妊娠中は、体が葉酸を吸収するスピードが遅くなることも葉酸不足の症状がでやすい原因。

 

特に葉酸は赤ちゃんが成長する為に欠かせない栄養素であるため、母体の葉酸の消費が多くなってしまい、葉酸欠乏性貧血になりやすいのです。

 

妊娠中に葉酸欠乏性貧血になると、胎児に影響がでやすい

 

貧血=血の巡りが悪い=酸素や栄養素が全身に届いていないということ。必要な酸素や栄養素が不足することは、胎児の酸素不足、栄養不足にも繋がります。そして、胎児への悪影響が心配されます。

  • 二分脊椎
  • 先天性欠損症を発症するリスクが高くなる

 

参考ページ:厚生労働省『葉酸とサプリメントー神経管閉鎖障害のリスク低減に対する効果』

 

葉酸はサプリメントで補給しよう!

葉酸(ビタミンB9)は熱や水に弱く、食品からの摂取が難しいとされています。

 

厚生労働省からも、葉酸は栄養バランスの良い食事に加え、サプリメントで摂取するようにと言われています。

 

特に、妊娠希望の女性とそのパートナーは赤ちゃんを授かる前から葉酸不足を回避することで妊娠率が高くなり、流産のリスクも下げると言われています。

 

妊娠希望、妊娠中の女性は葉酸の必要摂取量が多いのでサプリメントでの補給がオススメです。

 

サプリメントを選ぶときは、葉酸の含有量をチェックしましょう!

 

1日に必要な葉酸の量

男性 200μg 女性200μg
妊娠中400μg 授乳中280μg

 

葉酸は、血をつくる為に必要な栄養素ですので、貧血症状の有無に関わらず摂取しておくべき栄養素です。

 

葉酸参考記事

 

 

TOP⇒葉酸サプリ10種徹底比較※安心・安全の葉酸サプリはこれ!