葉酸サプリ 妊活

葉酸サプリはなぜ妊活に良いの?

葉酸サプリと妊活

 

最近、耳にするようになった『妊活』という言葉。

 

健康な男女が排卵日に子作りをしたとしても妊娠の確立は20〜30%程度で意外と低いです。妊娠しやすい体をつくることは、赤ちゃんを迎えられる環境をつくることになります。

 

妊娠に向けての環境づくりのひとつに葉酸という栄養素を摂取することが挙げられます。では、妊活になぜ葉酸の摂取が良いのでしょうか?

 

“妊活”とは?

妊活とは、ジャーナリスト白川桃子さんが提唱した言葉。

 

妊娠するために、知識を身につけたり、妊娠する為に自分の身体の状態を把握する、生活リズムを整えるなどといった活動。

 

『妊娠しやすくするためのベースづくり』

 

具体的には何をするの??
  • 食生活を整える

1日3食 栄養バランスの良い食事
体重管理、ホルモンバランスを整える

 

  • 葉酸を摂取する

妊娠前から摂取することで、不妊改善の効果がある

 

  • 禁煙する

タバコを吸う人は禁煙する努力をしましょう。
自分が吸わなくてもパートナーがタバコを吸う場合は受動喫煙を気にしましょう。喫煙は悪い影響しかありません。卵子の老化、妊娠しにくくなる、低体重児(未熟児)や流産、早産の確率が高くなる。妊娠を考えているならすぐにでも禁煙するべきです!

 

  • 適度な運動

適度な運動で血液の循環をよくすると、生殖器官の働きがよくなります。
これは男性にも言える事で、散歩やジョギング、ストレッチなど毎日続けることが大切。

 

  • ストレス対策

過度なストレスはホルモンバランスの乱れの原因となり、生理周期が乱れたり、排卵機能に異常がでたりします。

 

  • 基礎体温を把握する

基礎体温を測ることで排卵日を予測することができます。

 

  • 体を冷やさないようにする

体が冷えてしまうと、血行が悪くなり、卵巣機能の低下に繋がってしまいます。
・服装を見直す
・首、手首、足首+お腹と腰をあたためる
・お風呂にゆっくりつかる
・ぬるま湯で30分以上半身浴
・体を温める食事
・冷たい飲み物を避け、温かい飲み物に変えてみる

 

“葉酸”の効果について詳しく知りたい!

葉酸は妊娠中はもちろんですが、妊娠前から摂取するように言われている栄養素です。
妊娠前から葉酸不足にならないように、摂取することで様々な効果が期待できます。

 

  • 健康な受精卵をつくる

・卵子の老化防止
・精子の染色体異常のリスクを減らす
染色体異常は100%防げるものではありませんが、葉酸を摂取しておくことで、元気な受精卵を作りやすい環境にすることができます。

 

  • 着床のサポート

・葉酸は正常な細胞分裂をサポートしてくれる栄養素です。
妊娠は新しい細胞をつくる繰り返しですので、葉酸はとても大切です。

 

  • 貧血改善

・血液を作り出す
葉酸は血液をつくる栄養素でもあります。葉酸が不足してしまうと貧血の症状があらわれることがあります。これを『葉酸欠乏性貧血』といいます。特に葉酸の必要な妊娠初期に起こりやすい症状です。貧血になると、卵巣にも十分な酸素が送られない為、元気な卵子ができなくなってしまいます。

 

葉酸はサプリメントで摂取しましょう!

葉酸は、熱や水に弱い栄養素です。ほうれん草や小松菜、モロヘイヤなどの葉野菜に多く含まれていますが、調理過程で減ってしまうことから普段から不足しがちな栄養素と言われています。

 

食材から摂る場合は、煮汁やスープごと食べられるように工夫すると良いそうです。妊娠希望の女性、妊娠中の女性が1日に必要な葉酸の摂取量は400μgです。

 

これは、厚生労働省が発表している摂取量であり、葉酸に関してはサプリメントでの摂取を推奨しています。

 

葉酸をサプリメントで摂取することで、確実に葉酸を摂取することができるからです。

 

妊娠前から葉酸不足を回避しておく

葉酸は『妊娠1か月前からの摂取』が勧められていますが、妊娠1か月前がいつになるかはなかなか予測できませんよね。
ですから妊娠を希望する場合は、その時から摂取するようにしましょう!葉酸不足を回避することで、先天性異常児の出生率が70%減ると言われています。
また、着床の手助けをし、流産のリスクも減ると言われています。

 

参考記事