妊娠超初期症状

妊娠超初期症状はいつから?どんな症状?

皆様は妊娠超初期症状を知っていますか?この症状は妊娠初期のような悪性貧血や食欲不振等の症状ではなく、その前、もしかしたら妊娠しているのでは?と思える時期の事を指します。そこで今回、妊娠超初期症状はいつから発症するのか?そしてどんな症状が出てくるのか?を紹介していきます。

妊娠超初期症状はいつから出てくるの?

妊娠初期の症状は体験した人であれば嫌でも体験できますので、分かると思います。しかし妊娠超初期症状はどのような症状なのかいまいち把握しにくいです。ではいつから出てくるのでしょうか?

 

妊娠超初期症状として一番出やすい時期は生理前・もしくは直後に出やすいと言われています。と言うのも受精卵が子宮に着床しますと、普段の体と異なりホルモンバランスが変化するためです。

 

ですので、生理前もしくは直後になりますといつもと何か違うな…と感じるのです。

妊娠超初期症状はどんな症状?

ではどのような症状が出てくるのか見て行きましょう。
要点のみまとめましたのでぜひとも参考にしていただければと思います。

妊娠超初期症状としてよく表れる症状

微熱が続きだるさを感じる・頭痛、肌荒れが酷くなる・急にトイレが近くなる
生理前に出血、もしくはおりものに変化が起きる

妊娠超初期症状で出やすい症状として上記に挙げました。もし当てはまる場合はもしかしたらがありますので、病院に行ってみると良いでしょう。
次に、本当に妊娠超初期症状なの?と紛らわしい症状を説明します。

妊娠超初期症状として若干紛らわしい症状

眠気が襲ってくる・基礎体温が生理前に変化・唾液、鼻水が出てくる・胃腸の調子が悪い(ムカムカしたりチクチクする)・寝汗や変な夢を見るようになる

等が挙げられます。
上記に挙げた症状を見て行きますと、生活習慣が乱れているから眠気が襲ってくるんだろう、または昨日は飲み会だったからなぁ…と言うように非常に紛らわしいです!ですが、もしもの事がありますので少しの変化を見逃さないようにしましょう。

妊娠超初期症状まとめ

最後になりますが、上記の症状を見逃さないためには少しの変化を見逃さない事が大切です。生理前なのにいつもと様子がおかしい…、おりものもいつもと違う…と言うように本当に少しの変化ですが、それを見逃さずに必ず病院へいくようにしましょう。もしかしたら赤ちゃんが既にいる可能性があります。

 

よく読まれている記事