妊娠 食べ物

妊娠中に摂るべき食べ物と控えるべき食べ物

妊娠中に摂るべき食べ物と控える食べ物

妊娠中、食べるものにも気をつかいますよね。

 

自分だけなら、あるもので簡単に済ませていたけれど、赤ちゃんがいるとなると、食べるものは注意して選んでいきたいですね。

 

ママと赤ちゃんの体の為に、食べない方が良い食べ物もあります。食べた方が良いもの、食べない方が良いものを知って、バランスの良い食事を摂るように心がけましょう!

 

妊娠中に摂るべき食べ物と栄養素

妊娠中は特に栄養バランスの良い食事を摂るように心がけましょう。なんでも摂りすぎ、摂らなさすぎは良くありません!栄養が偏らないように、意識して食事をしましょう。

 

妊娠初期から産後も摂りたい「葉酸」

 

妊娠している女性以外でも、意識して摂りたいのが『葉酸』という栄養素。特に、妊娠初期は赤ちゃんの成長のサポートをしてくれる大切な栄養素です。

 

葉酸を含む食べ物は、緑黄色野菜。特にほうれん草やブロッコリーに多く含まれています。ただし、葉酸は熱を加えると減ってしまう為、葉酸サプリメントでの摂取がオススメです。

妊娠中期は貧血が多くなる為「鉄分」の補給を!

 

女性は普段から貧血気味な方が多いですよね。そうでない方も、妊娠中は貧血の症状が現れることがあります。赤ちゃんに優先的に栄養や酸素をあげようとする為、ママの方は貧血気味になってしまうのです。

 

『鉄分』を多く含む食べ物には、レバーが知られていますが、妊娠中はレバーに含まれるビタミンAは摂りすぎると赤ちゃんに悪影響がある為、注意が必要です。

 

レバー以外に、鉄分を多く含む食品には、小松菜や納豆などがあります。ドライフルーツ(干しぶどう、干しあんず、干しプルーン)などもあります。特に、干しプルーンは便秘解消にも効果があると言われていますのでオススメですよ。

妊娠後期は「鉄分」「良質なたんぱく質」「カルシウム」を摂りましょう

 

つわりが落ち着いた頃で、料理もなんとかできるようになったという妊婦さんが多いのではないでしょうか。食欲が回復したからといって、食べ過ぎてしまうことも多いので注意しましょう!

 

引き続き、鉄分を意識して摂りましょう!出産時は、赤ちゃんと一緒に沢山出血します。普段から貧血予防をしておきましょうね!「良質なたんぱく質」は、妊娠後期の妊娠中毒症の予防にもなります。

 

特に豆類には良質なたんぱく質が多く含まれています。小豆やきな粉、枝豆、大豆など種類も豊富なので調理を工夫して摂りましょう。牛乳や小魚、大豆製品、野菜などから「カルシウム」を摂りましょう。カルシウムは赤ちゃんの骨の形成に必要な栄養素です。

妊娠中に控えるべき食べ物|知らないと取り返しのつかないことにも・・・

生肉

「O−157」生肉全般「トキソプラズマ」豚肉、ラム肉、鹿肉
⇒トキソプラズマは、それまでに感染したことがない妊婦さんが感染すると赤ちゃんに10〜70%の割合で重い障害がのこる可能性があると言われている

魚介類

・生ガキ、アサリ、シジミなどに「ノロウイルス」が含まれていることがある
⇒ノロウイルスは、加熱すると死滅するので妊娠中は加熱処理をすること

 

・マグロ、金目鯛
⇒栄養の多いマグロや金目鯛ですが、水銀がわずかに含まれていて赤ちゃんへの影響が心配です。大量に摂取すると、胎盤を通して赤ちゃんが体内に摂取し、神経系の発達に影響がでることがあります。

 

・レバー、うなぎ
⇒レバーは鉄分や葉酸が豊富な食材ですが、過剰摂取は控えましょう。レバーやうなぎに含まれるビタミンAは、妊娠中に過剰摂取すると、赤ちゃんに奇形が発生する可能性がありますので特に妊娠初期は控えましょう。

ヒジキ

⇒鉄分が多いヒジキで、積極的に摂取している妊婦さんも多いのではないでしょうか? 微量ですが「ヒ素」が含まれていますので、多量には食べないようにしましょう。
1日4.7g以上を毎日食べ続けなければ心配ありません。

生卵

⇒まれに卵の殻に「サルモネラ菌」が付着している事があるので、生で食べると感染してしまう可能性が無いとは言えません。調理する場合も、生卵を触るときは注意が必要です。卵に触ったら、手を洗いましょう!

生ハム・チーズ

⇒生ハムや加熱していないチーズには「リステリア菌」が含まれていて、妊婦さんが感染すると早産や死産の原因や、赤ちゃんの髄膜炎などの原因になることがあります。

コーヒー、紅茶、栄養ドリンク

「カフェイン」が含まれている飲み物は血管収縮、鉄分やカルシウムの吸収を下げるので控えましょう。まったくとってはいけないということではありません。

お酒

⇒お酒に含まれる「アルコール」は流産、死産、胎児アルコール症候群(先天性異常神経障害)になる可能性があります。特に、妊娠初期にアルコールを多量に摂取すると、赤ちゃんの体が正常に発達できないなど影響が大きくでることがあります。

妊娠中の食べ物まとめ

妊娠中は栄養バランスの良い食事を心がけましょう。どの栄養素も摂りすぎても、不足してもいけません。生の魚や肉、アルコールは摂らないように覚えておきましょう!

 

それ以外の食べない方が良い食品は、必要な栄養素も含んでいるものもあるので、量に注意して、食べてくださいね。

 

よく読まれている記事