妊娠 体重管理

妊娠中の体重管理|後々大変な思いをしないために

妊娠してから、赤ちゃんが大きくなるのだから体重は増えてしまうのは当たり前だと思っていませんか?

 

たしかに、赤ちゃんの成長に伴いママの体重が増えますが、体重が増えすぎると赤ちゃんにもママにも悪いことしかないのです。妊娠中は、赤ちゃんの為にと体に脂肪が付きやすくなるので、意識していないとドンドン太ってしまう危険があります。

 

だからと言って、痩せすぎも良くありません。赤ちゃんはお腹の中で栄養を待っています。太ってしまって、痩せすぎて、大変なことになる前に体重の管理をしましょう!

妊娠中の体重管理の大切さ|それぞれのリスクについて

妊娠中の体重管理

妊娠すると、産婦人科を受診する度に体重を量ります。

 

つわりで食事が思うようにできなかった妊娠初期はさほど気にしなくても体重はあまり増えなかったかもしれませんが、つわりが落ち着いて食べたいだけ食べていると、びっくりする体重になってしまったりします。

 

そうなると、産婦人科に行く度に体重計に乗るのが怖い・・。先生に注意される・・。と憂鬱になってしまうんです。そもそも、妊婦に対してなぜ体重管理に厳しいのでしょうか?

 

体重が増えすぎた場合、大変なリスクが・・・

 

・難産
余計な脂肪がついてしまい、産道が狭くなって難産になることがあります。

 

・妊娠中毒症(妊娠高血圧症候群)※妊娠中毒症について
⇒早産・死産・未熟児・子宮内胎児死亡などの原因になることも。
特に妊娠末期の発症が多いと言われています。血圧が高くなる、むくみ、蛋白尿などが主な症状。この症状は原因ははっきりしていませんが、妊娠末期は食べ過ぎてしまい体重増加しやすい時期です。急激な体重は血圧の上昇や蛋白尿の原因になりますので、予防もかねて体重管理は必須と言えます。

 

・妊娠糖尿病
⇒流産・早産・羊水過多症・巨大児・発育遅延・子宮内胎児死亡など
なんと8人に1人の妊婦さんがかかると言われています。妊娠中はホルモンの影響でインスリンの分泌が変化し、血糖値が高くなり妊娠糖尿病になりやすいそうです。妊娠糖尿病の治療は基本食事療法。つまり予防するにも食事、体重管理が大切ということ!

 

・帝王切開になることも
ママの肥満=赤ちゃんも太りすぎになってしまうことがあります。ママが太っても良いことはありませんが、赤ちゃんも太りすぎは良くありません。巨大児になると内臓が未熟になることもあり、分娩時も帝王切開になる可能性が高くなります。帝王切開は、自然分娩よりも費用が高くなります。また、1回帝王切開で出産をすると2回目以降も帝王切開での出産となってしまいます。逆子など、やむおえない場合は仕方ないですが、できれば自然分娩が良いですよね。

 

・産後の体力回復にも影響がでる場合もある
体重が増えすぎた場合、産後の減量に時間がかかってしまいます。体重が負担になり、腰痛や膝痛にもなりかねません。また、肝臓病や高血圧などの慢性病になってしまうこともあります。

 

体重が少なすぎは赤ちゃんの成長に影響します

 

最近の女性は妊娠前からやせ気味の人も多く、普段から食事の量が少ないなど体重が少なすぎることも問題です。

 

・未熟児
妊娠中の栄養不足は赤ちゃんの成長に影響し、低出生体重児(未熟児)になる可能性があります。十分な成長ができず産まれてきた赤ちゃんは、体の機能も未熟で産まれた後で合併症を起こしやすいと言われています。また免疫力も弱く感染症にかかりやすいなど、心配事がつきません。

 

妊娠前はスリムな体型を維持する為に無理なダイエットをしていた人も、妊娠を機に赤ちゃんの為に、栄養バランスの良い食事を3食とるようにしましょう!

 

体重はどれくらい増えても良いの?

妊娠中、太らないように!痩せすぎないように!と言われるけれど、
具体的にはどのくらいの体重が理想なのでしょうか?

 

まずは妊娠前の体重からBMIの計算をしてみましょう!
参考ページ⇒BMI計算ツールhttp://www.health.ne.jp/check/bmi.html

 

妊娠前⇒妊娠後体重増加量
  • やせ型(BMI 18.5未満) ⇒9〜12kg
  • ふつう(BMI 18.5〜25未満)⇒7〜12kg
  • 肥満(BMI 25以上)  ⇒5kg

 

体重管理には「バランスの良い食生活」

体重管理というとなんだか難しそうで、何をしてよいかわからない・・・。
簡単に言うと「バランスの良い食事をすること」が体重管理になります!

 

妊娠中の体重管理

妊娠初期は、つわりなどで食事ができないこともあるでしょう。つわりで食べられない時期は、無理に食べると嘔吐してしまって体力を消耗してしまうことがありますので食べられる量、食べられるものを食べて良いそうです。

 

つわりが無い方やつわりが終わった妊婦さんは、バランスと量を考えて食事を摂りましょう。

 

一つの栄養を沢山とっても意味がありません!大切なのは「バランス」「量」
なかなか自分では考えられないという人は献立レシピ本を購入したり、食事のバランスガイドを参考に献立をたててみましょう!
※農林水産省「食事バランスガイド」⇒http://www.maff.go.jp/j/balance_guide/

 

運動することも大切ですが、お腹が大きくなると思うように動けなくなってしまいます。妊娠中の運動はできる範囲で行いましょう!
お家の中で、ストレッチを行ってみたり、買い物に行くときに徒歩で行くなどお腹にいる赤ちゃんの安全を考えて、自分のペースで行う事が大切です。

 

妊娠前とは違い、妊娠中は体重が増えてしまってから減らすのはとても難しいことです。早い段階で食生活を見直して体重管理を始めてみましょう!

 

参考記事

 

⇒葉酸サプリに戻る