妊娠初期 食べ物

妊娠初期に摂るべき食べ物とは?

「妊娠したら急に食欲がなくなった…」と食事をしない妊娠初期の女性が見られます。確かに妊娠初期はホルモンバランスの変化による食欲不振や、つわりで食事の匂いや見るのも嫌になる方がいらっしゃいます。しかし、妊娠初期は赤ちゃんの発育にとって重要な時期です!そこで今回、妊娠初期に摂取すべき食べ物について紹介していきます。

食欲不振に効果的!さっぱりトマトを摂取しよう

食欲不振はお腹の赤ちゃんにとって1つのメリットもありません。そんな食欲不振に効果的な食べ物がトマトです!トマトは多くの水分を含み他の食材以上にさっぱりとした食べ物ですので、妊娠初期の食欲不振の時期でも食べやすい食材でしょう。

 

しかし!食べやすいだけでではありません。トマトは妊娠初期の皆様にとって嬉しい栄養素を含んでいます

 

トマトに含まれるリコピン・ビタミンCは悪い赤血球を作り出す有害な活性酸素を抑制する効果を持っています。またトマトにはあまり聞かれないカロテンと言う栄養素を含んでいます。カロテンは体内でビタミンAと言う栄養素に変化し、赤ちゃんにとっては視覚成長の補助、免疫力の向上に効果的な栄養素です。そして更に、妊娠初期に襲ってくるつわりを軽減させる栄養素、ビタミンB6を含んでいます。

 

以上のように食べやすく、そして妊娠初期の女性にとってありがたい栄養素を大量に含まれています。そのため冷蔵庫に1つはトマトを用意しておくとよいでしょう。

妊娠初期には重要な栄養素!葉酸を含む食事を摂取しよう!

妊娠初期は葉酸の摂取が必要不可欠です。葉酸の摂取によって体内の赤ちゃんが細胞分裂を繰り返している時に正常な染色体を保つように補助してくれます。結果、先天性の症状やダウン症、そして無脳症と言った症状を防ぐことができます。

 

ではどのような食品に含まれているのか?

葉酸は主にレバー類・緑黄色野菜に多く含まれています。ただし、葉酸は曲者で水分に溶けやすく熱すると消滅すると言った特性を持っています。そのため調理するにも一苦労です。緑黄色野菜、例えばパセリやブロッコリー、ホウレンソウと言った食品を生で食べられれば一番良いですが先のように特性がありますので多くの食事が必要になります。

 

しかし妊娠初期の状態では食事を受け付けない人も多いと思いますので、現在であれば葉酸サプリメントや飲み物で手軽に摂取できるものがあります。もし食事で葉酸を摂取できないと言った場合には検討しても良いでしょう。

 

⇒葉酸サプリの正しい選び方|大切な4つの確認事項

 

よく読まれている記事