新生児 先天性異常

新生児の先天性異常を防ぐには?

「元気な子で産まれてほしい」そう思うのは誰しも同じだと思います。5体満足で産まれ、尚且つ先天性の症状が無い事にこしたことはありません。しかし、産まれてくる赤ちゃんには先天性の症状が発症している場合があります。では先天性異常が発生する原因とは何か?そして先天性異常を防ぐためにはどうすれば良いかを紹介していきます。

先天性異常って何?そんなに危険なの?

先天性異常の代表的な症状としてダウン症・先天性奇形児が挙げられます。

 

ダウン症の場合、発育障害・言語障害・歩行障害等一般の子供よりも発育不全となり、生活に支障を与えてしまいます。現在では対策やダウン症に対しての環境が整ってきているため昔のように10代と言う若さで死に至る事は少なくなりましたが、ある程度のハンディーキャップを背負って日常生活を送らなければなりません。

 

次に先天性奇形児です。
この奇形児はくくりが広く例えば口蓋裂でしたり唇裂と言う部分的な物もあれば、無脳児と呼ばれる字の通りの奇形児が産まれる場合もあります。

 

先天性異常の原因は様々な事が挙げられていますが、一番原因として考えられているのが細胞分裂の際に異常が生じる事です。そもそも細胞分裂の際、染色体と呼ばれる私達にとって重要なデータが入っている物も同じく分裂していきます。しかし、何かの拍子で細胞分裂が上手くいかずに染色体異常が発生する可能性があります。すると先に述べた先天性異常が発生します。

 

先天性異常を治療できれば良いのですが、中には治療の方法が見つかっていない症状もあります。そのためなるべく先天性異常を赤ちゃんに起こさせないことが大切です。

妊娠前・妊娠初期の対応が重要!でも何をすれば…

皆様も病院の先生から、そして雑誌で妊娠前・妊娠初期の対応が重要です!と言われていると思います。でも何をすれば良いのか分からない…、病院の先生の説明が難しくて理解できていない…等々悩みは尽きません!

 

妊娠前・妊娠初期に行っていただきたいことは「葉酸」を摂取することです!
葉酸はビタミンの一種で、皆様の体内で行われている細胞分裂の手助けをしてくれます。特に染色体の分裂を起こす際に正常に分裂するように手助けします。それだけでなく、健康な赤血球も作成するため、妊娠初期に発生しやすい悪性貧血を防ぐ役割も担っています。

 

1日に400μgの摂取を科学者だけでなく厚生労働省も推進していますので健康な赤ちゃんのために必ず摂取しましょう。

 

⇒葉酸は食べ物だけでは足りない?葉酸を含む食品は?

新生児の先天性異常まとめ

最後になりますが、葉酸は水に溶けやすく熱に弱い性質を持っているため思うように食物から摂取するのは難しいでしょう。そのため現在であれば葉酸サプリメントや飲料水もありますので摂取してみましょう。

 

⇒葉酸サプリの正しい選び方|大切な4つの確認事項

 

よく読まれている記事