神経管閉鎖障害

神経管閉鎖障害について

妊娠前・妊娠中の女性の皆様は一度でも雑誌やテレビで神経管閉鎖障害を見たり聞いたりしたことがあると思います。見たり聞いたりしてるけどこれは何?もしくは何で葉酸だとこの症状を防げるの?と疑問を抱かれるのはごもっともです。そこで神経管閉鎖障害はどう言うものなのか?そしてなぜ葉酸で防げるのか?を紹介していきます。

神経管閉鎖障害って何?

神経管閉鎖障害と言うのは、妊娠中に発生する、もしくは受精卵の時に細胞分裂が上手くいかずに発生する症状です。そのため通常の人のように脳や脊髄が繋がっているのではなく繋がっていない状況、もしくは脳が機能していない状況になります。

 

そのため脳に十分な栄養が行かずに発育不良を起こしてしまったり、中にはそのまま脳が機能しない方までいます。脊髄の場合ですと二分脊椎と呼ばれる症状が出て運動障害や重症になると下半身不随に発展します。また臓器にも障害が生じてしまい胃の不良、腸の障害に繋がってしまいます。

なぜ葉酸は神経管閉鎖障害に効果的なの?

神経管閉鎖障害についてご理解いただけた所で、なぜ葉酸が効果的なのかを紹介していきます。

 

それは葉酸の効果です。

 

皆様も御存知かと思いますが、葉酸は私たちに存在するDNAの合成に不可欠な栄養素です。またビタミンB12と協調して動く傾向があり細胞分裂を正常に保つ役割を担っています。

 

そして厚生労働省は神経管閉鎖障害に葉酸が効果的と言う事を提言しています。また各国の医療機関で行われた数々の疫学調査で葉酸を摂取すると神経管閉鎖障害が減らせると言う結果出ています。

 

葉酸が直接神経管閉鎖障害に役立つと言う確実なデータはありませんが、調査によって軽減できると言われています。もし赤ちゃんのことを考えているのであれば母親だけでなく父親の皆様も葉酸を摂取するようにしましょう。

 

⇒葉酸を含む食品|葉酸をしっかり摂取するには!?