妊娠初期症状

妊娠の初期症状ってどういうもの?

旦那様と今後の事をよく相談され、お子さんを作ろうかどうか検討している方々がいらっしゃると思います。お子さんを作られることは素晴らしい事ですが、女性の皆様、妊娠の時に発生する症状についてご存知でしょうか?もしご存知でなければ、今回記述していきますので一緒に見て行きましょう。

妊娠初期はどんな症状が出るの?

妊娠初期は皆様が思っている以上に様々な症状が出てきます。人によって出る症状で無い症状があると思いますが、ここでは良く出る症状について紹介していきます。

 

主に出るのが頭痛・肌荒れ・腰痛・頻尿・貧血・体温上昇(微熱が続く)・つわり・ストレスがあります。特に皆様を悩ませるのが、つわりとストレスかと思います。

 

つわりは皆様もご存知の通り、急に吐き気に襲われる・食欲不振(見るだけでも拒否反応が出る)・脂っこいものを食べていないのに胸やけがすることです。
特に安定期と呼ばれる妊娠中期に入るまで発生する症状であり、中には毎日のように続く方もいらっしゃいます。そのため食欲不振に陥ってしまい赤ちゃんに栄養が滞ることもあります。

 

⇒つわり緩和には葉酸を摂るようにする

次にストレスです。

妊娠初期は体調だけでなく精神面も敏感になっています。そのためいつもなら何ともないことでも、人が変わったかのように細かい事を気になってしまう、または怒りに変わる事もございます。
ストレスを溜めるなと言うのは簡単ですが、実際に発散させるのは難しいと思います。運動も制限され尚且つ思うように動かない自身の身体に違和感を感じます。ストレスは赤ちゃんにとって悪影響ですのでなるべく溜めないようにしましょう。

妊娠初期は旦那さんも協力しよう!

妊娠初期の女性は身体・精神面で敏感になっていますので旦那さんとしてはあまり関わりたくないと感じます。しかし、そんな旦那様の助けを女性は必要としているのです。

 

ほんの些細な事でも大丈夫です。例えば家事を半分手伝うのでも良いですし1週間の内2日程度、料理を作るのも良いでしょう。

 

ほんの些細な事でも女性にとっては嬉しい事ですので、仕事がある、付き合いがある等を言い訳にせず旦那様も協力しましょう。

 

トップページに戻る⇒葉酸サプリ10種徹底比較※安心・安全の葉酸サプリはこれ!