妊娠中 飲み物

妊娠中の飲み物|良いものとダメなものまとめ

妊娠中の飲み物

妊娠中の食べ物や飲み物は、気を付けようと思っていても実は知らないうちに摂取してしまっているものもあるかもしれません。

 

赤ちゃんへの影響が心配なものもあるので、妊娠前から知っておくことで早い段階から気を付けることができます。

 

全てを急に辞めることはとってもストレスになります。どうしてダメなのか、減らすべきなのかを知って、なるべくストレスにならないよう毎日の生活を見直しましょう!

 

妊娠中のアルコール“安全な量はない”

妊娠中のアルコール

日本では、妊娠が分かるとアルコールを控える女性が多いのですが、妊娠の可能性がある世代の飲酒率は増加傾向にあるそうです。

 

日本産婦人科学会は“ビール缶1本(350ml)未満であれば胎児への影響は少ない”という資料を掲載しています。

 

『ならビール1本くらい大丈夫?』

 

影響が少ないというのは、この量なら安全という量はハッキリしていないというのを前提のもと掲載されています。

 

つまり“絶対に赤ちゃんに影響がない安全な量というのは無い”というのが答え。

 

『ノンアルコールビールならOK?』

 

実はアルコール度数が1%未満であればノンアルコールとして発売されているのです!

 

なので、ノンアルコールビールといってもアルコールを含んでいれば何本も飲んでしまうと胎児に影響がある場合があるので注意が必要です。

 

アルコールが与える影響とは?

  • 流産、死産
  • 胎児性アルコール症候群(FAS: Fetal Alcohol Syndrome)

アルコール摂取による影響で赤ちゃんの低体重、顔面を中心とする奇形、脳障害を引き起こすこと。アルコールは赤ちゃんの脳に影響を与えることがわかっています。
顔立ちにも特徴があり、関節や手足の奇形、小頭症など目に見てわかる影響から、学習障害や多動になりやすいと言われています。

 

・妊娠前から(母親、父親ともに)定期的に飲酒している場合は、確率が高くなる
・妊娠中の母親の飲酒によっても起こる(妊娠時期に関係なく)
・飲酒量が多い程リスクが増える
・治療法がない

 

⇒予防法は“飲酒をしないことのみ”

 

 

妊娠中のカフェイン“発育遅延のリスクが高まる”

妊娠中のカフェインコーヒー

コーヒー、紅茶、緑茶などに含まれるカフェイン。毎日のコーヒーが楽しみな人は多いですよね。

 

また仕事をしている人は、一息つくため、目覚ましにコーヒーを飲むことが日課になっていることも多いのではないでしょうか。妊娠中の多量なカフェイン摂取は避けるようにと言われています。

 

それは“カフェインは、胎盤を通りやすく胎児に影響を与えやすい”から!

 

  • 赤ちゃんへの影響として

・胎児の中枢神経を覚醒・興奮させる
・子宮内の胎児発育遅延のリスクが高くなる
・低体重児のリスクが高くなる

  • ママ自身の影響

・カフェインを摂ることでカルシウムや鉄分の吸収率が下がる
・流産のリスク

 

妊娠中にコーヒーは“全く飲んではいけないの?”

1日100r以下であれば、ほとんど問題ないと言われています。ちなみにコップ1杯(140ml)あたりに含まれるカフェイン量はおよそ(濃さにもよるので)以下の通り
 ・コーヒー 56mg
 ・紅茶 70mg
 ・お茶(玉露) 224mg
 ・お茶(煎茶)(ほうじ茶)(ウーロン茶) 28mg
 ・お茶(番茶)14mg

 

コーヒーであれば1〜2杯くらいであれば、問題のない量となります。
急に、カフェイン飲料を禁止してしまうと、ストレスになることもありますので1回に飲む量を減らしたり、薄めにして工夫して飲むと良いでしょう。

 

コーヒーや紅茶、緑茶以外にも
・コーラ
・ココア
・チョコレート
・栄養ドリンク
などにもカフェインが含まれているので注意しましょう!

 

ノンカフェイン飲料を利用しましょう

100mg以下なら問題ないと言われても心配という人はぜひ、ノンカフェインのコーヒーや紅茶を利用しましょう。
ノンカフェインのコーヒーや紅茶にも沢山の種類があるのでいろいろ試してみるのも楽しいですよ。

  • 『たんぽぽコーヒー』『たんぽぽ茶』

妊娠中、授乳中の女性にオススメしたいのが“たんぽぽコーヒー”“たんぽぽ茶”です。
それに、たんぽぽ茶は妊娠中も授乳中も嬉しい効果がいっぱいです。

  • ノンカフェイン

⇒妊娠中、授乳中も安心して飲める

  • 代謝をよくする

⇒母乳の出をよくする効果がある

  • 女性ホルモンのバランスを整える

⇒生理不順の解消、不妊治療のサポート効果もある

  • 分泌促進作用がある

⇒利尿作用が強く、むくみ改善に効果的

  • 血液循環をよくする

⇒冷え性、便秘改善

  • 発毛、育毛作用

⇒産後の抜け毛にも効果的

  • 胃や肝臓の機能向上

⇒胃もたれ、食欲不振、消化不良の改善

 

味は、コーヒーに似ていてコーヒーの代わりに飲んでいるという妊婦さんやママが多い商品です。

 

⇒妊婦さん、授乳中のママに選ばれている『たんぽぽ茶』はこれ!

 

糖分を含む飲料『妊娠中のジュースおやつと同じ扱い』

 

妊娠中は、ジュースなど糖分を含む飲料の摂取には気を付けましょう。妊娠中は体重のコントロールをしなくてはいけないことから、カロリーを気にして飲み物を選ぶ必要があります。

 

炭酸飲料はカルシウムの吸収を妨げるリン酸という添加物が含まれているので注意が必要です。

 

飲んでも良い飲み物とおやつのまとめ

これ食べてもいいの?と妊娠中迷うことがあると思います。 意外と食べてもいいおやつや飲み物はあります。

 

食べてもOKですが、とりすぎ注意で気をつけてほしいおやつと飲み物を今回まとめてみました。

 

参考にしてみて下さいね。

 

妊娠中のおやつ

おやつは意外と高カロリーです。しかも塩分や糖分もあります。体重増加につながりやすいのでたまにごほうび程度に食べましょう。

  • アイスクリーム

毎日食べたりたくさん食べなければOKです。高脂肪なのでとりすぎ注意!

  • パンケーキ

高カロリー2枚で約500カロリーです。気をつけて!

  • チョコレート

少量でも高カロリーです。カフェインが含まれていますが少量なので大丈夫です。

  • スナック菓子

塩分が多く、高カロリー。食べ過ぎてしまうので小袋にしましょう。ポテトチップスは製品によりますが、100gで約500カロリーです。少量をたまに食べるくらいにしないと体重が増加してしまいます。

  • 和菓子

砂糖が多く使われています。たまに少量を食べる程度に。

  • 洋菓子

高カロリーです。食べるなら量を半分にするか低カロリーの食材を使った手作りが良いです。

 

妊娠中の飲み物

カフェインのとりすぎは胎児への影響があると言われています。 妊娠中、基本はノンカフェインでしたね。

  • コーヒー

1日1杯程度。コーヒー好きな人はカフェインレスを検討してみて。たんぽぽ茶がおすすめですよ。

  • 紅茶

1日1〜2杯程度。コーヒーの半分くらいのカフェインを含んでいます。

  • 緑茶

コーヒーの3分の1程度のカフェインを含みます。がぶ飲みはダメ!

  • ウーロン茶、ほうじ茶

緑茶と同じくらいのカフェインです。がぶ飲みはダメ。

  • はと麦茶

麦茶とは別物です。子宮収縮を促す物質が含まれているとも言われていますが、たくさん飲まなければ問題なし!

  • コーラ、炭酸飲料

カロリーと糖分を多く含みます。(低カロリーでも糖分は含まれています)少量ですがカフェインも含んでいます。

  • スポーツ飲料

カロリーは低めなのものが多いですが、塩分・糖分が含まれているので水代わりはダメ。

  • 水道水、ミネラルウォーター(軟水)

普通に飲んでOK。

  • ミネラルウォーター(硬水)

飲みなれていない人は大量に飲むのはおススメできないです。飲みなれている人はOK。

  • 果汁100%ジュース

たまに飲む程度に、果糖に注意!

  • 野菜ジュース

市販の野菜ジュースは糖分を含みます。野菜代わりに飲まないで。

  • ココア

1日1〜2杯程度。少量のカフェインを含みます。糖分が多いので注意!

  • 麦茶

ノンカフェインで糖分0。妊娠中の水分補給には理想的です。

  • 豆乳

無調整だと糖分を含みません。大豆アレルギーの方は飲まないで。

  • そば茶

麦茶と同様ノンカフェイン。そばアレルギーの方は飲まないで。

  • たんぽぽ茶

ノンカフェインでミネラルも豊富。おすすめです。

  • 飲むヨーグルト、乳酸菌飲料

問題ありませんが、糖分が多いので飲みすぎに注意です。

  • ジャスミンティー

適量なら問題ありませんが、妊婦さんへの影響するデータがないので大量摂取はやめましょう。

 

以上です。おやつで食べられるもの、飲み物で飲めるものはありますが、適量が良いです。
かわいい赤ちゃんのために気をつけましょう。

 

妊娠中の飲みものまとめ

妊娠中のアルコールは赤ちゃんへの影響を考えて控えるべき。ノンアルコールビールにもアルコールが含まれている可能性があるので、できれば、妊娠がわかった時は禁酒をすると安心。

 

また、赤ちゃんへ影響がでやすい妊娠初期のことを考えると、妊娠の可能性がある、妊娠したいとおもっている女性は日ごろから飲酒には気を付けておく必要があることがわかりました。

 

また、カフェインも胎児への影響が考えられるため、妊娠が分かった女性はノンカフェイン飲料を利用したり、1日に飲む量を減らすなどカフェインを控えるようにする。

 

他の飲料にかんしては、カロリーや成分を気にすること。全て我慢してストレスをためることは、体にわるいので、代用できるものや量を減らすなどして工夫して楽しむと良いでしょう。

 

参考記事

 

 

TOP⇒葉酸サプリ