妊娠中 薬

妊娠中の薬のあれこれ|飲んでもいいの?

妊娠中薬

妊娠中の薬の服用はとても気になる部分ですね。妊娠中だからと、ツライ症状をすべて我慢するとは過酷すぎますし、赤ちゃんへも負担になることがあります。
妊娠中に使える薬もありますので、産婦人科の先生や薬剤師の先生に相談して使用しましょう。赤ちゃんの正常な成長の為にも、自己判断での薬の使用は絶対にやめましょう!

 

市販の薬“自己判断での服用はやめましょう”

妊娠初期は赤ちゃんの体をつくる大切な時期。
特に4週〜10週目の間は最も注意が必要で、赤ちゃんの奇形など成長に悪影響が出やすい。自己判断で市販の薬を飲む事はやめましょう!風邪や熱でツライのを我慢するのは、赤ちゃんにもママにもよくありません。病院で診察を受けましょう。

 

もし、すぐに受診できない、すぐに市販の薬を飲みたいとう場合は、産婦人科に電話をして相談してみるのも良いかもしれません。

 

風邪をひいてしまった…市販の風邪薬はのんでいい?

葛根湯、小青竜湯などの漢方薬は、即効性はあまりありませんが、赤ちゃんへの影響は少ない  
抗ヒスタミン薬は、大量に摂取すると赤ちゃんに悪影響があります。

 

高熱でツライ…市販の解熱剤はのんでもいい?

アセトアミノフェン系(カロナール)は妊娠中も服用可能と言われています。

 

“絶対に影響がない”という薬はないと思っていた方が良いかもしれません。

 

市販薬を使う場合は、薬剤師に相談して商品を選んでもらいましょう。手元にある市販薬を自己判断で安易に飲むのは危険です!妊娠中は、なるべく市販の薬は使用せず、産婦人科を受診して処方してもらったお薬を飲む方が安心です。

 

病院で処方された薬・持病の薬“産婦人科医に相談をしましょう”

持病があり、かかりつけ医の先生から処方されている薬の内容を産婦人科の先生にも報告し、相談しましょう。また、かかりつけ医にも妊娠していることを報告しましょう。

 

いくつかの病院にかかっている場合は、薬の処方内容などを把握してもらうことで安心して処方薬を飲むことができます。

 

過去には、妊娠中の女性が持病の治療の為、内科医から血圧を下げる薬を処方されて飲んでいたところ、羊水が減ってしまい、赤ちゃんの命が危険に晒されるという事例がありました。

 

このようなことを避けるためにも、お薬手帳などを活用したり、診察時に医師に相談するなどして危険を防がなくてはいけません。

 

漢方薬“妊娠中飲んではいけない漢方薬もある”

漢方薬は“自然のもの”なので、妊娠中や授乳中も飲んでも比較的影響がすくないと言われています。様々な効果がある為、中には流産を起こしやすくしてしまう漢方薬もあります。
市販の漢方薬など自分で選ぶ場合は必ず、薬剤師に相談しましょう。

 

サプリメント“必要な栄養を知ってサプリメントで補給”

 

妊娠中に飲んではいけないサプリメントもありますので注意しましょう。

 

“ビタミンA”は摂りすぎると赤ちゃんに障害が出る可能性があるのでビタミン系のサプリメントを飲む場合は注意。

 

妊娠中は特に“葉酸”“鉄分”“カルシウム”が必要と言われています。特に葉酸は、赤ちゃんの成長に欠かせない栄養素なので妊娠前から摂っておくと良いと言われています。

 

妊娠中はつわりなど体調の変化が激しく、食事ができないこともあると思いますのでそういった時にはサプリメントを利用して栄養補給しましょう。妊婦さん用の葉酸サプリメントを選ぶと安心です。

 

⇒葉酸を食品ではなく、サプリメントで摂取すべき理由

 

湿布薬“妊娠後期の湿布はちょっと待った!”

 

妊娠中、特に後期になると大きなお腹になり、腰痛や肩こりなどになって湿布が使いたくなることもあります。飲み薬でもないのに赤ちゃんに影響があるの?と思った人もいるのではないでしょうか。

 

特に後期になると、もう赤ちゃんもだいぶ成長したし、湿布くらい大丈夫ではと使ってしまいそうですが、

実は『妊娠後期こそ湿布の使用に注意が必要』なんです!

 

妊娠後期(8か月以降)は、“ジクロフェナク”“ケトプロフェン”という成分を含んだ湿布は 赤ちゃんの心臓に影響がでる可能性があると言われています。

 

ジクロフェナク

ジクロフェナクを含んだ商品はボルタレンAC、フェイタスZなどがあり、妊娠中は使用できないとされています。強力な痛みどめの成分を含んでいると、皮膚からの吸収も高く、赤ちゃんの血管を収縮させてしまう可能性があります。

 

ケトプロフェン

ケトプロフェンを含むモーラステープは平成26年3月から妊娠後期の妊婦には使用禁忌となりました。妊娠後期の女性がモーラステープを使用し、胎児の動脈管収縮があり、妊娠中期の女性は羊水過少という症状が現れたそうです。

 

ステロイド軟膏“多量につかわなければOK”

皮膚のかゆみなどのトラブルはとってもストレスになります。ステロイド軟膏は妊娠初期でも皮膚からの吸収はわずかで赤ちゃんには影響ないと言われています。
とはいっても多量に、長期に使用する場合を除いてです。医師・薬剤師の指示に従いましょう!

 

つわり中の吐き気“プリンペラン”や点滴

妊娠初期から、つわり症状に悩まされる妊婦さんも多いでしょう。私もつわり症状が強く、吐き気やめまいで食事もろくに摂れない時期がありました。
産婦人科で相談すると、プリンペランという吐き気止めの処方と点滴をしてもらえました。点滴は、私には合わずに中止しました。プリンペランは少し吐き気が軽減していました。
つわりだからと我慢せずに産婦人科で相談すると良いですよ。

 

⇒つわり対策と軽減させる栄養素について

 

妊娠中の薬の服用まとめ

妊娠中の薬の使用は内服薬、外用薬ともに絶対に影響がないというものは無いと思った方が良い。
ツライ症状をずっと我慢しているのは赤ちゃんにも負担になることがあり、ストレスにもなるので少しでも和らぐよう産婦人科の先生に相談して処方してもらうことが良いのではないでしょうか。

 

よく読まれている記事