妊婦 運動

妊婦も運動すべき?いつからしていいの?

最近「赤ちゃんを出産する時、少しでも楽になるので妊婦さんも運動すべき!」と言った話題を見かけます。確かに運動によっては骨盤の強化や股関節を柔らかくするといった効果も期待できます。しかし、いつから運動した方が良いの?どんな運動した方が良いの?と言うところで二の足を踏んでしまいます。

 

そこで今回、妊婦さんはいつから運動した方が良いのか?どんな運動をした方が良いのかを紹介していきます。

妊婦さんは運動した方が良いの?運動はいつから?

妊婦さんの中には「運動するとお腹の赤ちゃんに悪い影響があるのでは?」と感じる人もいます。しかし、妊婦さんの運動は過度でなければ赤ちゃんやお母さんにとって絶大な効果を上げます。

 

特に先に紹介した運動によって骨盤の強化や股関節を柔らかくすることによって、出産時に帝王切開をせず自然に産まれてくるような体にできます。また運動することによってストレス解消や肥満防止にも繋がりますので、是非とも運動をすべきです。

 

ではいつから運動した方が良いのか?

運動をするタイミングは安定期に入ります4〜5ヶ月ぐらいが良いとされています。とは言っても人によって安定期は様々ですので、期間は目安として通っている病院の先生から運動しても良いかどうかを確認してからの方が良いでしょう。

どんな運動が良いの?

それでは妊婦さんにとって効果的な運動を紹介していきましょう。

1つ目はウォーキングです。

ウォーキングの効果は下半身の筋肉強化にあります。筋肉強化と一緒に靭帯と言われる部分も一緒に鍛えられますので安産につながると言われています。靭帯が弱まりますとお腹が張ってしまい切迫流産や早期で出産するリスクが高まりますので、運動できると思えば軽いウォーキングでも良いので外に出てみましょう。

 

2つ目はヨガです。

現在ですと妊婦さんを対象としたヨガ教室も開かれているほど、ヨガは妊婦さんにとって効果的な運動なのです。その理由は、骨盤の運動になるためです。

 

ヨガの運動により、妊娠によって弱まった骨盤を強化したり、骨盤と腹筋のバランスを整えると言った効果があります。何よりヨガは全身の運動になるため血流改善にも効果を上げますので、体のむくみや悪性貧血を防ぐ効果も期待できます。

 

近場にヨガ教室が無い…といった人でも大丈夫なように現在ではインターネット中継で行えるヨガもありますのでぜひ活用してみましょう。

妊婦さんの運動まとめ

一昔前は赤ちゃんに悪影響を及ぼすと言って運動をしないようにと言われて来ました。しかし、現在ですと赤ちゃんが出産しやすくする・帝王切開をせず自然に出産できるようにするためと言う事で運動をお勧めしています。

 

もし皆様の中で一昔前の考えがありましたら、それを投げ捨てて赤ちゃんのためにも運動を心がけるようにしましょう。とは言っても過度な運動ではなく自分でできる範囲の運動です。そうすれば出産の際に苦労をせず、スムーズな出産を行えるでしょう。

 

よく読まれている記事