妊婦 冷え

妊婦さんは『冷え』に注意を!

女性の半数以上が冷え性と言われています。妊娠中はホルモンバランスが変化し、体温調節がうまく出来なくなってしまい特に冷えやすくなってしまいます。

 

冷えは妊娠中のママにも赤ちゃんにも影響があり、流産の原因にもなってしまう恐ろしいものなのです。

冷えていないかチェックしてみましょう

女性が妊娠前から注意したい「冷え」ですが実は自覚していない場合もあります。
内臓が冷えている「隠れ冷え性」の人も増えているようです。

 

自分で自分の体を触ってみる

足先が冷えている場合は冷え性の可能性が高い
下腹部(おへその下あたり)が冷たい場合も冷え性かもしれない

 

舌を巻き上げて裏側を見てみる

紫色になっていたら血液の流れが悪くなっている証拠

 

なぜ、冷えに注意が必要なの?

ママ自身への影響

  • つわりがひどくなる
  • 妊娠性高血圧症になりやすくなる
  • 腰痛や便秘になりやすくなる
  • むくみやすくなる
  • 筋肉が硬くなる(肩こり、腰痛、足がつる)
  • お腹が張りやすくなる
  • 産後、母乳の出が悪くなる
  • 難産になりやすくなる

体の冷えは血行を悪くして、痛みに対して敏感になります。これは、陣痛の痛みの感じ方に影響します。本来強く感じなければいけない陣痛の判断が鈍ってしまい、子宮口が順調に開かず、出産に時間が掛かってしまいます。

赤ちゃんへの影響

  • 流産や早産の原因にもなる

・血流が悪くなるため、酸素や栄養が届けられない
・子宮収縮の誘発など子宮の環境が悪くなる

  • 逆子の原因になる

子宮が冷えていると赤ちゃんは温かい場所を探すために動き回る

 

冷えを改善するための対策ポイント

 

服装を見直す

特に注意する季節は「夏」です。
ついつい薄着で過ごしてしまい、クーラーが効いている室内で涼んでいるうちに体は冷えてしまいます。外出するときは、カーディガンやストールなどさっと羽織れるものを持って出掛けましょう。

 

食事を見直す

身体を冷やす、アイスクリームやトマト、キュウリは、ほどほどにしましょう。冷え対策には根菜類(人参、大根、ごぼう、しょうがなど)が効果的です。
特にしょうがに含まれる成分には、体内の血行を促進する働きがあり、基礎代謝が高まります。ただし、生のしょうがは逆に体を冷やすおそれがあるので、熱を加えて下さい。沢山、根菜類を使って豚汁やお味噌汁にして食べると、とても温まるのでオススメです。

 

運動やストレッチで血行を良くする

妊娠初期は、急激な運動はできませんが室内でストレッチをしたり、散歩をしましょう。

 

お風呂で温まる

ついつい、シャワーだけで済ませてしまいがちですが、湯船につかってしっかり体を温めましょう。湯船につかって、マッサージをすることで血行が良くなります。

 

よく読まれている記事