高齢出産のリスク

高齢出産で気をつけることとは!?

「女性の社会進出をより進めます!」と言って女性の社会進出が進んでいます。確かに女性の社会進出で労働力が確保されることは素晴らしい事です。一方で晩婚化の流れが進み高齢出産の割合も増えています。高齢出産は気をつけないと多数のリスクに悩まされます。

 

ではどのようなリスクがあるのか?そしてそのリスクを回避する栄養素は何か?について紹介していきます。

 

高齢出産のリスクって何?

高齢出産には多数のリスクがあります。

 

まず流産のリスクです。

個人差はありますが、20代の流産発生率の平均は10〜13%と言われています。しかし30代を超えたあたりから流産の確率が増加し、35歳以上になりますと20〜22%と確率が上がってしまいます。

 

次に妊娠中毒症状です。

妊娠中毒症状は、妊娠前と比較し赤ちゃんのために1.5倍の血液を必要とするため高血圧の症状になることです。症状が悪化しますと、血液循環が悪くなり悪性貧血や赤ちゃんの栄養・酸素不足により死産や早産の原因となります。

 

そして最後は、高齢出産の際によく言われているダウン症です。

ダウン症を簡単に言いますと赤ちゃんの染色体異常のため発生する病気です。現在では両親のどちらか(精子・卵子)に染色体異常があると発生すると言う事も言われています。
20代では0.1%、30代では0.3%、40代ですと1%にまで確率が上がります。

 

以上のように高齢出産にはリスクが付きまといます。

 

高齢出産のリスクを回避したい!回避できる栄養素は?

高齢出産のリスクを分かっていただけましたでしょうか?

 

できるのであれば高齢出産のリスクを避けたいですよね?100%防げると言う魔法の栄養素はありませんが、確率を下げる栄養素はあります!

 

それが『葉酸』です!

 

葉酸には細胞分裂の際にDNAの情報を正確に伝達する役割を持っています。
葉酸を摂取する事により、染色体異常と言った症状を抑える事ができ結果としてダウン症を防ぐことができるようになります。

 

また染色体異常を改善するだけでなく血液中にある良質な赤血球を生成する役割も持っています。葉酸を摂取しないと、もしかしたらテレビや雑誌で紹介されているドロドロ血液になる可能性があります。そうなると妊娠中毒をより悪化させてしまいます。

 

そして流産を防ぎますと言う効果も期待されています。
と言うのも葉酸にはホルモンバランスを整える効果も持っているためです。そのため、妊娠と言う急激な体調変化で崩れたホルモンバランスを改善することによって、流産のリスクを軽減させる事ができます。

 

高齢出産のリスクまとめ

最後になりますが、テレビや雑誌で「若い女性だけでなく高齢出産を考えている人もぜひ葉酸を摂取しましょう!」と紹介されている理由を分かっていただけましたでしょうか?

 

高齢出産は多数のリスクがありますが、その分若い時と比べて精神的・金銭的余裕もありますのでゆとりを持った出産ができるのが強みです。そのため、高齢出産を考えている人がいましたら葉酸を摂取していくようにしましょう。

 

⇒葉酸サプリの正しい選び方|大切な4つの確認事項

高齢出産のリスク※気をつけることとは!?※記事一覧

現在、妊娠前・妊娠中の葉酸摂取がお勧めと言う事が雑誌やテレビ等、数多く紹介されています。特に高齢出産及び妊娠した人にこそ摂取してほしいと言われてきていますが、なぜ葉酸を摂取すべきなのか?今回、高齢出産・妊娠のリスクを含めてなぜ葉酸が必要かを紹介していきます。実はこんなにもリスクがある!気を付けたい高齢出産・妊娠まず高齢出産・妊娠のリスクから見て行きましょう。高齢ですと流産や先天異常のリスクが高まり...

現在、晩婚化の流れが進み高齢出産の件数が増加しているのは皆様も知っているかと思います。高齢でも赤ちゃんを産みたい!そう思う心は大変すばらしい事ですが、高齢出産には若い20代のようには行かずリスクが付きまといます。そこで今回、高齢出産のリスクと軽減させる栄養素について紹介していきます。高齢出産は自閉症・ダウン症のリスクが高まります!高齢出産にはいくつかのリスクが付きまといます。それが自閉症とダウン症...

高齢出産はトラブルが多いと言われ、中でも母親・胎児に何らかの症状が出る確率が高まります。ですが、30歳を超えた女性の中には「大丈夫だろう」と軽い気持ちで考えている人も多いようです。では高齢出産にはどのような危険が付きまとうのか?皆さんも一緒に見ていきましょう。高齢出産|母親に現れる症状妊娠高血圧症候群30歳を超えた母親の場合、発生しやすい代表的な症状は妊娠高血圧症候群です。別名、妊娠中毒とも言われ...

「高齢出産になるけど、どうしても赤ちゃんが欲しい!」現在、芸能人の中でも30代後半、もしくは40代で赤ちゃんを出産されるほど高齢出産の割合が増えてきています。確かに、女性の社会進出等の要因はあると思いますが、果たして30代を過ぎても妊娠率は若い頃と同じように高いのでしょうか?そこで今回、高齢出産の妊娠率について紹介していきます。何歳まで妊娠はできるの?まず、女性が何歳まで妊娠できるか見ていきましょ...

現在、30〜40代の女性の出産件数が増加傾向にあります。それは高齢出産の増加を意味しています。高齢出産は「経済性」や「精神的余裕がある」と言ったメリットがありますが、その分自分や赤ちゃんに負担が掛かります。でもできれば自分、そして赤ちゃんに負担を掛けさせたくないですよね?そこで高齢出産時に気をつけること、今回は生活全般に関して紹介していきます。運動を心がけましょう情報誌やインターネットの情報で「妊...

高齢出産というと、難産になりやすい、赤ちゃんの先天異常の発症リスクが高いなど心配事ばかりが目に入ってきて、不安だらけになっていませんか?実は高齢出産によって、良い効果があることもわかっています。メリットを知ることで、前向きに赤ちゃんの事、高齢出産の事を考えてみませんか。高齢出産とは?“35歳以上で初めての出産”“40歳以上での第2子以降の出産”を高齢出産といいます。高齢出産のメリット環境を用意でき...

最近、よく聞く『高齢出産』。母子手帳に『高』って押されるのは昔の事で今はありません。昔は30歳が高齢出産と呼ばれていたらしいですが、今は35歳以上になりました。最近は、働く女性が増え、35歳以上の妊娠・出産も珍しい事ではありません。35歳以上の出産は、なぜ高齢出産といわれて区別されているのでしょうか?それには、様々な出産・妊娠に関するトラブル、リスクの増加があるからなのです。何歳からが高齢出産?高...