葉酸サプリ 危険

葉酸サプリの危険性※本当に正しい知識※

葉酸サプリメントは危険

妊娠中に葉酸が必要だと知って、サプリメントを選ぼうと思ったら種類が多くて何が良いのか迷ってしまいます。特に健康に気を付けたい時期だから赤ちゃんや自分の体に悪いものは摂りたくない!それは絶対ですよね。

 

葉酸のサプリメントは、何が良くて、何が悪いのでしょうか?安全性と危険性についてご紹介します。

 

妊娠中に葉酸が大切なのはなぜ?

赤ちゃんが元気に成長してもらうため

葉酸は細胞分裂のサポート役!

特に妊娠初期は細胞分裂が盛んなことから葉酸の摂取が必要になる時期なのです。

 

神経管閉鎖障害の発症リスクが低減する(妊娠前から摂取しましょう)

葉酸を摂取しておくことで、神経管閉鎖障害(二分脊椎、無脳症など)の発症リスクが減ることが分かっています。ただし、完全に予防できるものではありません。

 

☆参考ページ「葉酸摂取による胎児異常発生予防」 ⇒http://www.jaog.or.jp/sep2012/JAPANESE/jigyo/SENTEN/kouhou/yousan2.htm

 

妊娠中のママの体にも良い葉酸

貧血予防

妊娠中は貧血になりやすい時期です。葉酸は新しい血液をつくるときにも必要な栄養素です。葉酸をとることで、貧血予防にもなるのです。

 

つわりを軽くする効果

つわりの原因はハッキリしていないのですが、ホルモンバランスの乱れが原因のひとつとして考えられていて、葉酸はホルモンバランスを整える効果もあるため、つわりを軽くする効果を感じるママがいるようです。

 

葉酸の摂取はサプリメントで!

葉酸は、葉野菜に多く含まれている事からその名前が付いたといわれています。しかし近年、葉酸不足の人が多いと言われています。

 

それは、葉酸が熱や水に弱い為、調理過程で減ってしまう事が要因のひとつ。そこで、食事に加え、不足しがちな分は葉酸サプリメントで補うようにと推奨されています。

 

葉酸サプリメント−注意すること−

“合成だから危険”“天然だから安心”は間違い!

『無添加』『天然』と聞くとなんとなく安心、安全な気がしますよね?
しかし、その考えはちょっと危ないかもしれません!

 

無添加、天然だからこそ、農薬の心配、アレルギーの心配をする必要があります。逆に『合成』だからそ守られる安全性もあるのです。

 

天然であっても、合成であっても、本当に信頼できる行程で製造されているのか、安全性が確かかを見極める必要があります。

 

 

厚生労働省が推奨しているのは“合成葉酸”

 

2002年から母子手帳にも葉酸の摂取が必要であると記載されるようになりました。
厚生労働省は、胎児の神経管閉鎖障害のリスクを減らす効果があるとして、妊娠1か月前から葉酸を摂取するように推奨してます。

 

その葉酸を摂取するには、食事だけでは不足しがちであるため、サプリメントで補うようにとしています。つまり合成葉酸(サプリメント)を勧めているということです。

 

天然葉酸がだめで合成葉酸が良いということでもありません。「天然」や「合成」、「無添加」などの言葉に惑わされずに製造過程や放射能検査、配合成分から信頼できる葉酸サプリを選ぶことが大切です。

 

食事から摂るよりも、サプリメントの方が吸収率が高い!

 

相対生利用率(体が吸収する量)

  • 天然の葉酸(食品)   50%
  • 化学合成の葉酸(サプリメント) 85%

 

天然の葉酸=食事から摂取する葉酸は、なぜ吸収率が悪いのか?それは、葉酸が熱や水に弱い為、生野菜などから葉酸を摂取しようとすると、調理過程で1/2ほどに減り、さらに体が吸収するのは50%つまり1/4程度に減ってしまうといいます。

 

摂取量を守る!上限1000μg

葉酸は、妊娠中の女性は1日400μgの摂取が必要とされています。上限も定められていて1日1000μg(1mg)です。

 

葉酸を過剰に摂取することで、

  • 不眠症
  • 食欲不振
  • 吐き気
  • むくみ
  • 皮膚のかゆみ

が起こる場合があります。

 

また、赤ちゃんへの影響としては生まれた後に小児ぜんそくになるリスクが高くなるという結果が報告されています。

 

サプリメントで摂取するときは、用法用量を守りましょう!用法用量をしっかり守っていれば葉酸サプリメントでの危険性の心配はありません。過剰摂取だけ注意するようにしてください。

 

毎日、同じ時間に飲むようにする

飲んだらしるしをつける

くすりのケースを利用する

 

など自分が飲んだか覚えられるように工夫して管理すると安心ですよ。

 

葉酸サプリの危険性まとめ

葉酸のサプリメントを選ぶときは「無添加」「天然」「合成」など言葉に惑わされずに、信頼できる過程で作られているものなのか、安全性は確立されているかなど、正しく選ぶことが大切!

 

どうしても「合成」というと体に良くないのではと思ってしまうが、葉酸に関しては「天然」で摂取することが難しく、「合成」であるほうが吸収率が良いことが分かりました。

 

食事(天然)から摂取しつつ、不足してしまう分はサプリメントで補うという方法が葉酸不足の状態を生み出さない良い方法ですね。

 

⇒葉酸サプリの正しい選び方|4つの確認事項について

 

葉酸サプリ参考記事