葉酸 不足 症状

妊娠時、葉酸不足で現れる症状とは

妊娠前は赤ちゃんのための体作りと意気込んで、葉酸を大量に摂取しているお母さんを見かけます。確かに、妊娠前に葉酸を摂取しますと正常な細胞分裂によって生成された卵子と精子が結びつき、正常な受精卵ができます。しかし、妊娠中にも欠かさず葉酸を摂取しませんと様々な症状が発生します。ではどのような症状が発症するのかを今回、症状を挙げて紹介していきます。

妊娠中の葉酸不足で何が起きるの?

妊娠中の葉酸不足によって多々発生する症状は2つあります。

1つ目は細胞分裂に異常が発生することです。

皆様も御存知の通り、赤ちゃんは受精卵から赤ちゃんとなって生まれるまで、私達が想像するよりも早いスピードで細胞分裂を行います。もちろん赤ちゃんも私達と同じように細胞分裂の際にDNAも伝達されます。しかし、葉酸が不足しますと細胞分裂の際にDNAの伝達に支障が発生するリスクが高まります。結果、染色体異常が発生し、ダウン症・無脳症等の先天性の障害が発生するのです。

2つ目は悪性貧血の発生です。

悪性貧血は酸素や栄養を運ぶ赤血球が生成されず、思うように体内の細胞へ酸素と栄養が運ばれなくなります。すると栄養が行き渡らず、細胞は疲弊してしまい悪性貧血へ進んでいくのです。そうなると迷惑を被るのが赤ちゃんです。
赤ちゃんは胎盤を通してお母さんから栄養をもらいます。しかし、栄養を運ぶはずの赤血球が足りないため十分な栄養と酸素が行き渡らず、成長不良や先天性の症状を発症します。

 

妊娠中でも、葉酸の不足は赤ちゃんに負担をかけますので必ず葉酸を摂取しましょう。

葉酸は妊娠中の症状を緩和する

上記で挙げました妊娠中に現れる症状について、葉酸を摂取する事によって症状を緩和させる事ができます。

 

葉酸は細胞分裂の際、DNAも一緒に分裂しますので正常な分裂を補助する栄養素として知られています。そしてなんと赤血球を生成するための重要な栄養素の1つです。

 

葉酸は正常な細胞分裂のためと知られていますが、赤血球を生成するためにも必要です。そのため妊娠中に摂取することで悪性貧血のリスクを軽減する事ができます。

 

ですので、妊娠中に発生しやすい症状を緩和、もしくは防ぐためにも葉酸を摂取しましょう

 

⇒葉酸は食べ物だけで摂取できる?葉酸を含む食品について

 

よく読まれている記事