妊娠 食べてはいけないもの

妊娠中に食べてはいけないもの、控えるものは?

「妊娠中には葉酸を含む食品を摂取しましょう!」と良く言われています。しかし、摂取すべき食べ物は理解しても食べてはいけないものを知らない人が大勢います。もし知らずに食べていますと赤ちゃんに悪影響を及ぼします。そこで今回、妊娠中に食べてはいけないものを紹介していきます。

妊娠中は我慢!魚介類のマグロは控えましょう

デパートやスーパーで良く見かけるマグロですが、妊娠中にマグロを過剰摂取しますと赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性があります。

 

その理由としてマグロの体内に含まれるメチル水銀にあります。
普段私達が摂取している程度であればメチル水銀は問題ございません。と言うのも便の排出の際に少しずつ出て行くためです。ではなぜ妊娠中では駄目なのか?

 

それは胎盤を通して赤ちゃんにメチル水銀が吸収されてしまうためです。
赤ちゃんは栄養を胎盤を通して摂取できますが、大人のようにメチル水銀を便によって排出する事はできません。そうなると赤ちゃんに蓄積されてしまい、神経系の障害や脳への障害が発生します。

 

他の魚介類にも確かに含まれていますが、食物連鎖の上で頂点近くにいるマグロはイワシやサバのような小魚以上に含まれています。そのため赤ちゃんのことを考慮してマグロの過剰摂取だけは控えましょう。

妊娠中の生肉は控えよう!生肉に含まれる寄生虫に注意しよう

ローストビーフ、生ハムのように生肉は多くの美味しいものが揃っています。しかし、妊娠中の女性は生肉はできる限り控えるようにしましょう。

 

と言うのも生肉に含まれるO-157、トキソプラズマがいる可能性があるからです。
特にトキソプラズマには気を付けたいものです。このトキソプラズマは自身にかかった事が無い場合、自覚症状がないまま感染している時があります。

 

すると免疫が無いため赤ちゃんにも感染していき、人によって異なりますが赤ちゃんに後遺症を残す可能性が高まります。この寄生虫は加熱処理をすればO-157同様に死滅できますので、必ず肉料理を食べる際には中まで火を通すようにしましょう。そうすればトキソプラズマに感染する事もなくなります。

妊娠控えるべき食べ物まとめ

最後になりますが、もう1つ摂取すべきでないものがあります。

 

それが『ビタミンA』です。
ビタミンAは水に溶けにくく油ですと溶ける性質があるため大人でしたら特に問題はございません。一方赤ちゃんの場合はそのまま蓄積されてしまうため、奇形児になる原因の1つになります。

 

しかし厚生労働省からは赤ちゃんの遺伝子を正常に保つ役割、細胞分裂後の成長のためと摂取を勧めています。そのため矛盾があると思いますが上記で挙げた食品を含め、過剰摂取だけは控えるようにしましょう。

 

よく読まれている記事