葉酸 ダウン症

葉酸の摂取でダウン症予防につながる!

皆様はダウン症と言う症状をご存知でしょうか?今だからこそ症状はどのようなものか、また周囲の理解も得られるようになってきました。しかし、一昔前はただの成長不全や酷い場合ですと育てている親の教育が悪い等、酷い言われようでした。ダウン症は聞いた事はあるが、どのような症状か?葉酸との関係?は詳しく知らないと言う方々もいらっしゃると思いますので説明していきますね。

ダウン症の原因

ダウン症の原因を端的に言うとと、受精卵となったが細胞分裂に異常がきたして起こる症状だと言われています。学校の授業で理科や生物を学んできた方であればご存知だと思いますが、細胞分裂を繰り返して生物は成長していきます。

 

正常であれば細胞分裂を繰り返し人の形になってきます。一方異常をきたしますと顔立ちが均等・筋肉が発達しない・皮膚の反発力が無い等、生育に大きな支障がでてきます。

 

また細胞分裂だけでなく父親の精子・母親の卵子の染色体が不揃いから発生する時もあります。そのまま受精卵になった場合、上記と同じように細胞分裂が上手く行かずにダウン症になってしまうのです。

 

最近では晩婚化のためダウン症になる子供たちが増加しています。やはりお歳を召してしまうと若い時のように上手な細胞分裂が上手くいかないのかもしれません。

 

晩婚での出産の場合、必ず葉酸を意識的に摂取することをお勧めします。

生まれてくる子供がダウン症にならないようにするためには?

残念ながら生まれてきた子供をダウン症から改善する方法は、今の所ありません。しかし、子供をダウン症にならないようにする方法はあります。それが葉酸と呼ばれる成分を摂取する事です。

 

葉酸が身体にもたらす影響は、細胞分裂の際に必要なビタミンB12と共同で働き細胞分裂の異常を軽減させます。また妊婦の方々だけでなく妊娠する前に葉酸を摂取するのも効果的です。母親だけでなく父親も葉酸を摂取しますと、健康的な卵子・精子を作製し健康的な受精卵を作ります。

 

葉酸を含む食品はレバーや緑黄色野菜等、好き嫌いが分かれる食品ばかりですので、葉酸サプリメントでも良いので摂取しましょう。

 

葉酸は食べ物だけでは足りない?葉酸を含む食品は?

葉酸とダウン症のまとめ

最後に、葉酸は健康的な赤ちゃんを産まれるために必要な成分です。そのため妊婦の方々だけでなく、父親も必ず摂取するようにしましょう。

 

妊娠中は勿論ですが、妊娠前には夫婦ともに葉酸の摂取をすることで先天性異常を予防することが出来ます。

 

葉酸サプリの正しい選び方|大切な4つの確認事項