ダウン症 確率

ダウン症の確率はどのくらい?そのリスクを低減するには?

夫婦の愛の結晶として産まれてきた赤ちゃんは可愛いものですよね。しかし、現実では生まれてきた際、既に先天性の症状を患っている赤ちゃんがおり中にはダウン症の症状がみられる赤ちゃんがいます。テレビ・雑誌では年代ごとにダウン症に掛かる確率が変わると言われますがどのぐらい確率は変わるのか?

20代〜45歳の出生でかかるダウン症の確率

ダウン症はもともと細胞分裂の際に上手に分裂できず、染色体に異常が発生する症状となります。では年代ですとどのぐらい確率が変わってくるのでしょうか?

 

まず20代です。

20代は病気や先天性の障害が無ければ確率は低くなります。確率は1667分の1と言われています。

 

30代ではどうでしょうか?

30代になりますと老化の兆候が見えてくるのか、20代と比較すると一気に確率が高くなっていきます。その確率は952分の1になります。

 

40〜45歳になると確率が大幅に上昇してきます。

老化が進行している40〜45歳になりますと40歳では66分の1、45歳を迎えますとなんと21分の1になります。病院の先生の言葉や雑誌のコラムで若い内に赤ちゃんを出産すると健康な赤ちゃんが産まれると言うのはあながち間違いではありません。

ダウン症を防ぎたい!そのリスクを低減させるには?

誰しも健康な赤ちゃんを出産したいと言うのは同じ考えです。ではどのようにすればダウン症のリスクを軽減させることができるのか?

 

その答えは葉酸にあります!

 

葉酸は細胞分裂を行う際、DNAの伝達を補助する役割を持っています。葉酸を摂取しておきますと赤ちゃんがお腹の中でも正常な細胞分裂を行い染色体異常を起こしにくくなります。また、赤血球を作成する役割も持っていますので妊娠中に起こりやすい悪性貧血を抑制する役割も持っています。

 

また厚生労働省・各国の医学研究者が葉酸を摂取する事で先天性の症状を防ぎ、ダウン症も同様に低減すると発表しています。つまり1日に必要な葉酸を摂取すればダウン症のリスクを軽減させることができるのです!

 

そのためダウン症のリスクを低減させたいと思いましたら葉酸を摂取するようにしましょう。

 

⇒葉酸は食べ物だけでは足りない?葉酸を含む食品について

ダウン症の確率まとめ

最後になりますが、ダウン症の症状を誰しも防ぎたいと考えているはずです。そのためにも1日に必要な葉酸を摂取しましょう。食品では厳しいですので葉酸サプリメントやドリンクで摂取すると良いでしょう。

 

よく読まれている記事